染谷不動尊 について知っていることをぜひ教えてください

白糸台の染谷不動尊です。京王線多磨霊園駅と西武線多摩川線の白糸台駅から歩いて10分以内で行けます。
多磨霊園の参道と旧甲州街道の交差点にあります。

ここでは、国の重要文化財に指定された、善光寺式阿弥陀像を拝むことが出来ます。(東京都文化財ウィークの日は公開日です)
細部まで丁寧に造られ、鋳造の状態も極めて良い価値のあるものだそうです。

鎌倉時代以降に流行した善光寺式阿弥陀像というお姿で、名の通り、長野県善光寺のご本尊を模した像です。
善光寺のご本尊は秘仏なので、長野の善光寺でも見ることはできません。

この像は、弘長元年(1261)上野国八幡庄で造立されたあと、しばらく行方不明になっていたそうです。
「ソメヤに返して」と徳川家達の夢枕に立ったことから、ここに返され、安置されたという言い伝えがあります。
(東京都文化財ウィークの日に、説明員の方から聴くことが出来ます。)

染屋不動堂尊では、貴重な仏像を手が触れる近さで拝めます。ありがたい。