ここでは、市立ひらかたこども発達支援センター について紹介します。

在所:磯島北町3-2

【ポイント】

①.昭和45年(1970)肢体不自由児のための通園施設「市立療育園」を開園

②.昭和49年(1974)知的障碍児のための通園施設「市立すぎのき園」を開園

③.平成31年(2019)4月開園両施設を統合して「発達支援センター」としてスタート。

④.沢山の医師、療養士、保育士が配置され、発達障害児の療育に従事。

⑤.通園支援のための送迎バスと送迎保護者のてめの広い駐車場完備。

 ※ お気軽に下記に相談を

   電話  072-807-5373

   FAX   072-898-4173

   E-Mail   [email protected]

【関連写真】 

 南面からの全景2020_06_09 金只   北面からの全景2020_06_09 金只   

 標識(ひらかたこども発達支援センター)2020_06_09 金只1   正面入口2020_06_09 金只   

 1階の運動広場2020_06_09 金只   送迎者用駐車場2020_06_09 金只   

 事務所風景2020_06_09 金只   

※ 屋内施設(センター資料より)

 フロアマップ(1階)2020_06_09 金只   フロアマップ(2階)2020_06_09 金只   フロアパップ(3階)2020_06_09 金只   

【補足説明】

①.支援内容(センター資料より)

 ・相談支援:子どもの特性・成長段階に応じてコーディネートします。

 ・通所支援:生活習慣、集団生活への適応に対する専門的療育を実施。

  定員;知的・発達障害児60名  肢体不自由・重症心身障碍児50名

 ・地域支援:通所してない発達支援を要する就学前の児童を対象に支援を実施。

 ・保育所訪問支援:保育所と連係して集団生活ができるように支援。

 ・居宅訪問型発達支援:重度障害のため通所できない児童の居宅訪問による支援。