ここでは、明治18年大洪水碑について紹介します。

在所 枚方市桜町16番地先 府道13号線沿い淀川工事事務所前
種別 市登録文化財 有形文化財
指定 平成26年4月1日
所有  

【ポイント】

①.明治18年(1885)6月18日

  この地点を中心から180mにわたって三矢・伊加賀堤防決壊。

②.明治18年(1885)7月2日

  安井(アンゴ)川、天野川堤防決壊。大阪市内及び中河内まで被害甚大

③.明治19年に、この碑は建立。

④.明治以降の淀川洪水(枚方市史 4巻)

  ・明治元年(1868)高槻唐崎決壊

  ・明治3年(1870)三矢堤防決壊寸前

  ・明治18年(1885)伊加賀堤防決壊

  ・明治22年(1889)三矢で2箇所決壊

  ・明治29年(1896)淀川堤防決壊・・・大阪市被害

⑤.明治29年(1896)~明治43年(1910) 本格的な洪水対策始まる

  ・新淀川掘削

  ・毛馬の閘門(コウモン)

  ・南郷の洗い堰

  ・宇治川の付け替え

  ・桂川河口を拡げ合流点を山崎まで下げる・・・(三川合流)

  ・大塚-枚方間の川幅の拡張

⑥、昭和28年(1953)9月台風で鍵屋周辺住民に避難命令。

⑦.平成25年(2013)9月大雨で避難勧告水位に20cmまで増水。

⑧.平成26年(2014):枚方市登録文化財に登録

⑨.平成25年9月16日の増水時には、府道13号線の信号から公園内に降りる道路堤防内側の芝生が上から1m付近で欠損。

 上流からの水流が直接当たる箇所で明治18年の大洪水でもこの付近が決壊した。

【関連写真】

①.明治18年大洪水碑

 明治18年大洪水碑2013_03_17 金只​        説明板2012_07_16 金只   

②.2013年9月13日台風18号時の増水状況

 2013_09_16台風18号による増水
枚方大橋と水道橋付近2016_09_16 金只
   2013_09_16台風18号による増水
流された管理人詰め所2016_09_16 金只

 

【補足説明】

①.現地案内板より

 明治18年1885)6月15日朝から降り始めた豪雨で、淀川の水位は急上昇し、ついに18日午前3時三矢村・伊加賀村の淀川堤防が決壊しました(伊加賀切れ)。その切れ口は約180mに達し、濁水はたちまち淀川左岸一帯を水没させました。7月にも豪雨にみまわれ、復旧中の堤防が再び決壊し濁流は、寝屋川流域にも広がり、大阪府内で7万戸余が浸水するという未曾有の大洪水となりました。

 決壊場所は水深が5.5mもあり、水勢も激しいことから、旧堤防から後退して弓形に仮堤防が築造され、大勢の人夫を動員して全長約400mに及ぶ大規模な工事でした。

 この洪水碑は明治119年に建立されたもので、洪水と復旧の経緯が記され、淀川治水の重要性を今に伝えています。

 尚、弓形の仮堤防は、旧堤防の完全復旧によりその役割を終え、今は桜町の道筋に名残りを留めています。       2010年6月枚方市教育委員会

【参考情報】

Localwiki:大塚の堤防切れ