ここでは、水面回廊 について紹介します。

在所:桜町~伊加賀西町~出口6丁目

【ポイント】

①.枚方市は、平成8年に昭和初期造られた農業用水路を出口雨水幹線として整備

②.寝屋川市境の「さだポンプ場」まで2.8km

③.桜町側250mは、「水と歴史のふれあい広場」として中央に水路を配した公園として水辺の空間を演出。

④.下流2,550mは、水路を中心に両岸が3つのゾーンに分かれた遊歩道になっている。

【関連写真】

 水面回廊(北入口説明板)2012_04_07 金只   水面回廊(北入口説明板)   

 水面回廊の標識2014_11_10 金只  のどかな水辺の小径が2.8km続く2014_11_10 金只

【補足説明】

①.水面回廊案内板より

 この水路は、昭和初期に農業用水路として造られたもので、寝屋川市界まで2.8kmの長さがあります。

 枚方市では、この水路を出口雨水幹線として改修するのを機会に、豊かなうるおいのある街づくりの一環として、「水面回廊」と名付けて、地域の状況に応じた整備を進め、水に親しめ安らぎのある水辺空間を創造していきます。                  平成8年4月 枚方市 下水道部

 

②.両岸は遊歩道として下記の4区画に分けて整備。北から

  ・水と歴史のふれあい広場

  ・のどかな水辺の小径・・・・・・・出口雨水幹線右岸遊歩道-1左岸遊歩道ー1

  ・人と人との出会い出合い広場・・・出口雨水幹線右岸遊歩道-2左岸遊歩道ー2

  ・自然と田園のある小径・・・・・・出口雨水幹線右岸遊歩道-3左岸遊歩道ー3