大正12年頃、石川製糸の迎賓館として建てられた西洋館。
化粧煉瓦(タイル)張りの外壁は、眺めていると、現代から大正時代にタイムスリップしたような感覚に陥る程、威風堂々としています。

旧石川組製糸西洋館は、大正から昭和の初めにかけて全国有数の製糸会社であった石川組製糸の迎賓館として、大正10年頃に造られた西洋風木造建築物です。
市では修復・改修をした上で一般公開を行なう予定でいますが、現在は期日を限って臨時に公開を行っています。

平成28年の西洋館の公開日は下記の通りです。

平成28年4月9日(土)、5月21日(土)、6月18日(土)
      7月16日(土)、9月17日(土)、11月6日(日)
      時間 : 午前10時~午後4時
入館料 : 無料

事前申込は必要ありませんので、時間内に直接お越しください。

※ 公開は本館1階部分(一部入室禁止)ですが、6月18日、11月6日は本館2階も特別公開します。
※ 2階の見学は整理券による入替制です。混雑時はお待ち頂く場合がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。
※ 職員による解説を午前10時30分~と午後1時30分~の各2回行います。
 6月18日、11月6日は2階特別公開のため解説はありません。

来館の記念となるようなリーフレットと絵葉書を販売しています。
 西洋館でしか買うことができませんので、ご来館の際にはぜひお買い求めください!

入間市駅下車 北口の階段を降りて突き当たりを左に。道なりに坂を下ると、左手に「西洋館」がある。(約5分)