地元の庭師・水村藤四郎氏によって造られたこの庭園は、市内の本格的禅宗式庭園としては貴重なものです。
加治丘陵の木立を後景に、石組みと樹木が池に映え、禅の世界に吸い込まれそうです。
特に、ツツジが咲く4月は見ごろです。

豊泉寺の庭園は入間市指定文化財に登録されています。

国道16号扇町屋交差点から西(県道63号青梅方面)へ向かい、1.5キロメートルほど先にある新久交差点を直進、約800メートル先右側に「豊泉寺入口」の看板が有る。
右折後、道なりに250メートル進むと右側に「豊泉寺」がある。