神戸市 の LocalWiki へようこそ!

このサイトは 神戸市 の情報が書かれています。編集はだれでも可能です。

についてのページをつくりたい

新しいLocalWiki の 神戸市 地域へようこそ!

先頭の探索する をクリックして現在ここにある内容をご覧ください。

編集 ボタンをクリックすると、どのページでも編集できます。

ヘルプが必要ですか? LocalWiki ガイドにあるヘルプページ を参照してください!

興味深いページ

2月3日節分 追儺神事(県指定重要無形民俗文化財) 長田神社 神々の使いである鬼が舞う 節分。長田神社では、神々の使いである七匹の鬼が、松明の炎で襲い来るであろう災いを焼き尽くし、太刀の刃で寄り来る不吉を切り捨て、天地を祓い国土を清め、今年一年の人々の無病息災、家内安全を祈り願い舞う神事が執り行われます。 その大役を担う男たちは、旧長田村の氏人。いわゆる地域の人です。彼らは前日より、鬼宿、太刀役宿に籠り、何度も井戸水をかぶり、当日の早朝、須磨の海に入り、身も心も清めて神の代理としての鬼役を務めるのです。身の奉仕を以て、神に感謝を表す人々でもあります。 13時 節分祭 斎行 14時 追儺式神事 斎行(終了予定 18時頃) 本神事は、太鼓、ほら貝の音に合せ、鬼たちは松明を持ち踊ります。次に腰に槌を付け、斧や大矛を持つ鬼も現れます。太刀役の子どもたちから太刀を渡され、先にでた鬼たちも再び現れ(御礼参り)、最大の見せ場である餅割行事へと移ります。「泰平の餅」「六十四州の餅」を斧や槌で割り(災厄解除の祓を意)、最後に「影の餅」を割り(新年を祓い清める意)鬼室に退きます。この餅割鬼は神事の主役で、各鬼役を奉仕して始めて務めることが許されます。 室町時代から続く伝統行事は、鬼だけでなく、太刀役の子ども5人と肝煎りという世話人など数十人も奉仕します。今も神社と地域が一つになり繋がっています。神戸の自慢ですね。 参拝者は、松明の灰をかぶることにより祓を受け、松明の燃え残りを家の入口に吊して除災招福を願い、又餅花を食べて無病息災、家内安全を願います。
追儺式

近くの地域を探索する

Or maybe you want to see all LocalWiki regions?