火山灰の崖に掘られた横穴(平原・馬瀬口付近) について知っていることをぜひ教えてください

 

太平洋戦争末期に掘られた軍の貯蔵庫跡です

 軍は勤労奉仕で十石坂や馬瀬口周辺の崖に横穴を掘らせ、ドラム缶や爆弾の

 貯蔵庫をつくり残り少なくなった航空燃料や爆弾類を格納しました。

 この地が選ばれたのは、本州の中央部にあってアメリカの艦砲射撃も届かない。

 B29による爆撃にも厚い火山灰層が防いでくれる。との想いがあったからだそうです。

 

 

この作業に従事された 小林収さん の手記は こちらをご覧下さい。

 

 

 小諸の名所・名物

 

 Front Pageに戻る