秦の始皇帝の命を受けて、不老長寿の薬を探し求めて出航した徐福の一行は、波田須(はたすは、秦氏はたしが、変化したものと言われる)にも上陸して土地の人々に様々な技術を伝承したと伝えられる。多くの、人が来航したため、新宮やその一帯にも上陸したと思われる。

中国の、徐福研究者によると土地から中国の古銭が見つかっていることや、地名が秦氏からの変化であることなど、多くの徐福伝説を裏付ける事柄が認められている。