2016.2.20モロラン道探索会議 について知っていることをぜひ教えてください

伊能忠敬やイザベラ・バードも通ったという古道,モロラン道を現在に復活させるべく,第1回探索会議を開きました.プロジェクタに地図を示しながら探索談義に花が咲きました.

プロジェクタで地図を大写しして古道を検討

もともと,イザベラ・バードの「やがて私たちは,街道を離れて,土砂降りの中を人の通らぬ小道にそれて行った」(「日本奥地紀行」p466)という記述にある,幌別から旧室蘭(現・崎守)へとぬける山道がどこを通っていたのか知りたいというのが,発端でした.

新室蘭市史を調べてみると,「室蘭街道」あるいは「モロラン道」と呼ばれる山道が,現在の鷲別辺りから,崎守町まで八丁平や白鳥台を越えて繋がっていたようです.この街道は江戸時代から存在し,有珠や伊達方面から,登別・白老方面へぬける道はこれしか存在していなかったようです.沢を横切って,何度も登り下りする険しいルートで,「七段坂」とも呼ばれていました.

井口利夫氏の「イザベラ・バードの通った道ー明治11年の室蘭を辿るー」(平成24年チリペッ郷土研究資料室)のなかでもこの「モロラン道」以外に可能性はないと考察されています.

現在の地図(CC BY-SA OSM)と1890年(明治23)の地図を重ねてみた

先のイザベラの記述内の「街道」というのは明治6年ごろ開通した札幌本道のことをさしており,「小道」は「モロラン道」を指していると考えられます.「小道」の方にそれないで,そのまま進めばイタンキから母恋を経て新室蘭のトキカラモイ桟橋のあたりに出たはずです.このルートはイザベラは往路で通っており,帰り道では違う道を通ろうとしたことになります.

探索会議では,現在の地図(OSM)と1890年(明治23)の北海道実測切図を縮尺を調整して重ねて見ました.1890年はイザベラ・バードが室蘭を通ったその12年後にあたります.

北海道実測切図の年代表記

実測切図の方は国会図書館デジタルコレクションからスクリーンショットでダウンロードしたこともあって,文字なども潰れており,海岸線なども途切れていますが,縮尺を調整すると,海岸線や登別と室蘭の境界線などが現在のOSMとおおむね一致させることができました.

モロラン道に当たるとおもわれる点線を赤い線でなぞってみました

やはり,楽山の北から,八丁平に登っていったようです.

ここからは,できるだけこのモロラン道に近い現在の道を探索していく作業になるとおもいます.

  1. チリベツから八丁平
  2. 八丁平から陣屋
  3. 陣屋から崎守

の3つの区間に大きく分けて,umap上に具体的なルートを描いていく作業をすることになりました.

(2016. 2. 21 Yasushi Honda)

 

日本奥地紀行

Front Page