イタンキからユースホステルへ
マウンテンバイクサイクリング
1844年:松浦武四郎が蝦夷地探検出発
1854年(安政元年、江戸時代後期) について知っていることをぜひ教えてください 室蘭の出来事 1854年(安政元年5月)米国ペリー提督式の武装運送船サザムプトン号が絵鞆に来航し港内を測量。 産業革命以来欧米の国々の工場やオフィスは深夜まで稼働するようになって居た為、潤滑油やランプの灯火に使われるマッコウクジラの捕鯨が盛んとなっていた。当時捕鯨船は1年以上も航海するのが基本であったことから大量の薪・水・食料を補給する港が必要とされた。これがいくつもの国々が日本に開国を迫った大きな理由の一つと考えられている。勿論アメリカも例外がなく、ペリーが率いる黒船来航により日本の鎖国を終焉させた。室蘭港内の測量を目的に来航したサザムプトン号は、開港する際の下田にも来訪していたという記録もあり、室蘭港もアメリカの大きな捕鯨船の安全な入港が可能かどうかの測量調査であったのかもしれない。 室蘭市のあゆみ 室蘭市年表 同年の日本の様子 日米和親条約…江戸幕府とアメリカ合衆国が締結した条約で、これにより下田と函館が開港する運びとなり、鎖国の終焉となる。 日米和親条約 黒船来航の目的 黒船来航 安政の大地震・・・江戸時代後期(幕末)安政元年には日本各地で連発した大地震が起こりました。 安政の大地震
1854年(江戸時代後期)
1878年(明治11年) について知っていることをぜひ教えてください "1878年" タグの付いたページ 英国人旅行家のイザベラ・ルーシー・バード(Isabella Lucy Bird)がその著書「日本奥地紀行」で室蘭を絶賛している。彼女が47歳、1878(明治11)年の8月18日。トキカラモイの木造桟橋を利用して、室蘭に降り立ったとおもわれる。 港の文学館で、イザベラ作品の展示がある。 イザベラの言葉 「夜の8時になってようやく、船はほとんど陸地に囲まれた美しい室蘭港についた…いろいろな宿屋から番頭たちが桟橋を降りて来て客引きをするが、彼らのもつ大きな提灯の波は、その柔らかい色彩の灯火とともに上下に揺れて静止している水面に空の星が反映しているかのように魅力的である…」 「山を登って頂上から眺めると室蘭港は実に美しい。一般的に言って、日本の沿岸の景色は、私がみたうちでもっとも美しい。風そよぐハワイの一部の風景は例外である。しかし、この湾の美しさは何者にもひけをとらない」 その頃の日本 明治4年:廃藩置県 明治10年:西南戦争,東京大学設立 明治22年:大日本帝国憲法発布 その頃の世界 1878年:ホワイトハウスに電話導入 Front ...
1878年(明治11年)イザベラ・ルーシー・バードが室蘭を絶賛
1977年(昭和52年)有珠山噴火