亀興院亀興院(きこういん)、石宝山浅間寺は、かつて矢作にあった浄土宗寺院。本尊は観世音観音。明治13年(1880)に、星﨑亀三郎が開基となり、春光院23世・橋本亮興が開山となって創建された。(1)

縁起

江戸時代には石宝山浅間寺増幅院という古義真言宗の寺院で小田原大工町(浜町)・蓮上院の末寺だったが、廃仏毀釈の影響を受けて明治6年(1873)に廃寺となり、寺にあった什宝は隣地の春光院に移された。(1)

しかし村民の意向により明治13年(1880)に念仏堂(浄土宗の寺院)として再興されることになり、山・寺号は増幅院の号を踏襲し、開基・星﨑亀三郎と開山・橋本亮興の名から1字ずつ取って「亀興院」の院号となった。(1)

本尊

本尊の観世音菩薩立像は源信の作と伝えられていた(1)

境内

1962年当時、境内地の広さは287坪(約949m2)、建物は本堂が12坪(約40m2)あった。境内は児童遊園地として一般に開放されていた。(1)

参考資料

  1. 大橋俊雄『浄土宗神奈川教区寺院誌』神奈川教区教務所、1962、p.309

Pages tagged “亀興院”

Add new "亀興院"