東光院入口東光院(とうこういん)、瑠璃山南谷寺は、曽我原にある真言三宝宗寺院(4)。本尊は薬師如来。昔は剱沢川の東にあったが、文禄2年(1593)に中興・恵誉により今の地に移ったといい、旧地は「寺畑」と呼ばれていた。江戸時代には国府津宝金剛寺の末寺だった。(1)

本尊

本尊の木造薬師如来立像は、像高2尺(約60.6cm)、伝行基(1)

境内

徳本の名号碑

2022年現在、境内の入口右脇に、徳本の名号碑がある(3)。徳本の没後16年が経過した天保5年(1834)に造立されたもので、裏面に足柄平野一帯の各地の信者の名が一面に刻まれていることから、小田原市教育委員会は、なお信仰が衰えていなかったことが知られる、と評している(2)

石幢型六地蔵

2022年現在、境内の入口左脇に、石幢(せきとう)型六地蔵がある(3)。笠付六角柱の各面に地蔵の立像を浮き彫りにしてあり、文化2年(1805)の銘がある(2)。もとは大山道沿いに祀られていた(2)

延命地蔵

山門を入って左手に木造の小祠があり、中に延命地蔵と呼ばれる石像地蔵菩薩立像が祀られていた(2)(3)

鐘楼

東光院の鐘楼境内の鐘楼の鐘は、『風土記稿』によると元禄15年(1702)の鋳造(1)

神社

『風土記稿』によると、境内に神明・天神の合社があった(1)

寺紋

寺紋は真言宗輪宝/五葉丸葉?(2019年調査)。

リンク

参考資料

  1. 『風土記稿』
  2. 小田原市教育委員会「徳本の名号碑ほか石像物群」現地案内板、設置時期不明(参道の脇の塀に立てかけてあったもの)、2022年2月閲覧。
  3. 2022年調査
  4. 神奈川県ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 宗教法人 > 宗教法人について > 神奈川県知事所轄の宗教法人 > 宗教法人名簿(令和3年1月1日現在) > その他1 宗教法人名簿(PDF:708KB)