正寿院正寿院(しょうじゅいん)、青王山観音寺は、米神にある真言宗東寺派寺院。本尊は不動明王。開山は長徹(寛永10年・1633没)。江戸時代には国府津宝金剛寺の末寺だった。(1)

境内

観音堂

正寿院 観音堂境内の観音堂に十一面観音が安置されていた(1)

鐘楼

境内の鐘楼に、寛政3年(1791)鋳造の鐘が掛けられていた(1)

寺紋

寺紋は五三桐(2019年調査)

土砂災害警戒区域

ブルーシートで覆われた正寿院西側の斜面正寿院の一部を含む米神3-4の区域(206-H26-615 米神3-4)は、神奈川県の土砂災害警戒区域(急傾斜)に指定されている(2021年3月19日 告示第150号)(2)

参考資料

  1. 風土記稿
  2. 神奈川県土砂災害情報ポータル 区域図