神社(じんじゃ)とは、神(かみ)を祀った社(やしろ)のこと。

日本には大なり小なり数多くの神社があり、多種多様な神が祀られていて、年・月・日ごとに参拝する習慣がある。神社の中には有名な神社もあり、大まかな種類なども比較的よく知られているが、祀られている神がどのような神かや、神社の由緒などにはそれほど関心が持たれていない。(1:3-5)

神の種類

記紀神話に登場する神

『日本古代史「記紀・風土記」総覧』〈別冊歴史読本55〉(新人物往来社、1998/3)によると、『古事記』の上巻には267柱、中巻にはそれに加えて新たに1柱の神が登場し(同じ神の別名を含む)、『日本書紀』の本文には66柱、「一書」には115柱の神が登場する。このうち『古事記』と共通する神の数は本文に56、一書に56あり、一書独自の神は59ある。2書を合計すると、267+1+59=327柱の神が登場する。(1:21-22)

同じ神の名前でも、『古事記』と『日本書紀』で漢字の表記が違うことがあり、『古事記』の中でも表記揺れが起きていることもある。(1:8)

記紀神話に登場しない神

2013年現在、日本の神社に祀られている神々の中には、記紀神話に登場しない神も多くみられる。例えば、八幡天神稲荷など。(1:22)

人を神として祀った神社も多く、天神社に祀られている菅原道真や、戦国時代の武将である織田信長豊臣秀吉徳川家康などの例はよく知られている。また近代以降、明治天皇や、乃木希典東郷平八郎などの軍人も死後に神社に祀られた。東京・九段の靖国神社には戦死者・戦没者が祀られており、各人が神扱いされていて、その数は246万柱を超える。誰かを祀るのに許可などは必要ないため、誰でも自由に祀ることができる。(1:22-23)

勧請と分霊

神は勧請によって分霊され、1つの神が別の場所で祀られることもある(1:26-27)。同じ名前の神でも、祀っている場所(神社)が異なると、別の神として認知される(1:23)

境内社

1つの神社の境内に本殿と別に境内社(けいだいしゃ)があって、別の神々が祀られていることもある(1:23-24)

習合

稲荷のように、記紀神話に登場しない神が、記紀神話に登場する豊受大御神と習合した(同一視されるようになった)例もある(1:26)

沿革

古代の神道

もともと神道には社殿を伴う神社は無く、祭祀を行うに際して、祭場を臨時に設けていた(1:27)。神社のような建築物が生れた時期ははっきりしていない(1:27)

神仏習合

中世から近世にかけては、神道と仏教は融合していた(神仏習合)。神社の境内地に「神宮寺」と呼ばれる寺院があった。(1:28)

天皇による祭祀

明治以降、皇居に「宮中三殿」と呼ばれる祭祀のための施設が作られ、天皇が神主としての役割を担って、定期的に儀礼が営まれるようになった(1:28)

戦後の日本国憲法下では宮中での祭祀は天皇の私的な行為と位置付けられている(1:28)

明治の合祀政策

明治時代の末期に、政府の政策として、1つの町村につき1つの神社を祀る体制の実現を目指して、神社の整理統合が行われた(1:24)。戦前の神社は国によって経済的に支えられていたため、この製作には経費削減の意味合いがあった(1:32-33)

この政策に対しては反発もあって、1町村に1社まで整理統合されることはなかったが、神社の数はかなり減少した(1:24)。島田2013の33頁に19,3000社から11万社余にまで減少したとあるが、根拠不明(1:33)。またそれまで必ずしも明確でなかった各神社の祭神が明確化され、記紀神話に登場する神との関連付けが行われた(1:24)

戦後の宗教法人化

戦前の神社は国家の庇護下に置かれていたが、戦後は、新たに制定された宗教法人法により仏教寺院と同様に宗教法人として組織されるようになった。文化庁や都道府県に認証されることで法人格を得ることができる。(1:29)

神社本庁は約8万社の神社を包括する包括宗教法人であるが、民間の宗教法人であり、靖国神社や伏見稲荷大社のように、神社本庁に包括されない単立宗教法人として活動している神社もある(1:29)

管理

神主

仏教寺院一般に住職が居住しているのと異なり、神社には必ずしも神主(かんぬし)が居住していない。神社では寺院のように修行や学問研鑽が行われる機会は少なく、僧侶は出家得度するとその立場(職位)にあり続けたが、神主は俗人が祭祀のときだけその役割を担っていた。

社家

これに相反して、大規模な神社には、社家(しゃけ)と呼ばれる、その家に属する人間が代々神主を受け継いできた例がある。(1:28)

神宮寺

中世から近世の神仏習合の時期には、神社の境内地にある神宮寺(じんぐうじ)に属する僧侶が神社の祭祀や管理を行った(1:28)

氏子

地域にある小規模な神社では、その地域の氏子(うじこ、信者)が当番で管理にあたり、祭祀を営むこともあった(1:28)

神社の数

総数

2022年12月末現在の神道系の宗教団体の数は87,072(うち宗教法人の数は84,316)で、うち「神社」と称する施設は80,766あり、その他に仏教系・キリスト教系・諸教の宗教団体の「神社」が81ある(2:34)

2011年12月末当時の神道系の宗教団体の数は88,796(うち宗教法人の数は85,189)で、うち「神社」と称する施設は81,224あり、その他に仏教系・キリスト教系・諸教の宗教団体の「神社」が93あった(3:34)

  • 島田2013の32頁に、『宗教年鑑』平成22(2010)年版による数として、全国の神社の数は86,440とあるが(1:32)、これは文部科学大臣所轄の包括宗教法人に包括される宗教団体数のうち神道系の数で、都道府県知事所轄の包括宗教法人や非宗教法人に包括される宗教団体ならびに単立宗教法人の神社の数を含まない(1:32)(3:50)。他方で、宗教法人ではない神道系の宗教団体の数(3,506)も含んでおり、また神社だけでなく、寺院・教会・布教所・その他を称する施設の数(6,955)も含んでいる(1:32)(3:50)

島田2013の32頁に、宗教法人として認証されていない「小祠」も含めると、14万社-15万社はあるのではないかと言う神職もいる、とあるが(1:32)、根拠不明。

信仰別の内訳

神社本庁が1990年(平成2)-1995年(平成7)にかけて行った、傘下79,355社(うち祭神が判明している49,084社)を対象とする「全国神社祭祀祭礼総合調査」によると、信仰別の神社数の上位は下表のとおり(1:33-34)

表:「全国神社祭祀祭礼総合調査」による信仰別の神社数上位14

順位 信仰 神社の数 呼び名
1 八幡 7,817 八幡神社、八幡宮、若宮神社
2 伊勢 4,425 神明社、神明宮、皇大神社、伊勢神宮など
3 天神 3,953 天満宮、天神社、北野神社など
4 稲荷 2,970 稲荷神社、宇賀神社、稲荷社など
5 熊野 2,693 熊野神社、王子神社、十二所神社、若一王子神社など
6 諏訪 2,616 諏訪神社、諏訪社、南方神社など
7 祇園 2,299 八坂神社、須賀神社、八雲神社、津島神社、須佐神社など
8 白山 1,893 白山神社、白山社、白山比咩神社、白山姫神社など
9 日吉 1,724 日吉神社、日枝神社、山王社など
10 山神 1,571 山神社など
11 春日 - -
12 三島・大山祇 - -
13 鹿島 - -
14 金比羅 - -

資料:1:33-34

動態

『宗教年鑑』各年版によると、1999年-2010年-2022年にかけての神道系の宗教団体の数の推移は下表のとおり(2:34)(3:34)(4:30)

表:系統別の宗教団体数の推移(1999-2010-2022)

系統 宗教団体(社) 増減(%)
1999 2010 2022

1999

-2010

2010

-2022

神道系 89,568 88,796 87,072 -0.9% -1.9%
仏教系 86,751 85,672 83,988 -1.2% -2.0%
キリスト教系 9,224 9,302 8,567 0.8% -7.9%
諸教 41,441 38,510 31,119 -7.1% -19.2%

出所)文化庁『宗教年鑑』各年版 第2表(1)系統別(各年12月末日現在、宗教法人を含む)(2:34)(3:34)(4:30)

島田2013の33頁に「最近でも、過疎化などによって、それぞれの神社の氏子の数が減少し、維持できなくなった神社がつぎつぎと生れている(・・・)1年の間に数百、あるいは千の単位で減少しているとも言われている」とあるが(1:33)、『宗教年鑑』によると神道系の宗教団体数の減少幅は、1999-2010の11年間で772社、2010-2022の11年間で1,724社で、年毎の減少幅はその1/11程度である。ただし『宗教年鑑』に捕捉されていない「小祠」に関しては上の限りでない。

関連資料

  • 岡田荘司(編)『日本神道史』吉川弘文館、2010
  • 島田裕巳『神も仏も大好きな日本人』ちくま新書936、筑摩書房、2011
  • 島田裕巳『聖地にはこんなに秘密がある』講談社、2011
  • 伊藤聡『神道とは何か-神と仏の日本史』中公新書2158、中央公論新社、2012
  • 島田裕巳『神道はなぜ教えがないのか』ベスト新書395、ベストセラーズ、2013

参考資料

  1. 島田裕巳『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』幻冬舎新書326、幻冬舎、2013
  2. 文化庁(編)『宗教年鑑 令和4年版』ぎょうせい、2022年12月
  3. 文化庁(編)『宗教年鑑 平成22年版』ぎょうせい、2011年12月
  4. 文化庁(編)『宗教年鑑 平成11年版』ぎょうせい、2000年3月

リンク

odawara turezure「小田原の神社を巡る(A Guide to Odawara's Shrines)

 

Pages tagged “神社”

Add new "神社"