幻を超える「札幌黄」 について知っていることをぜひ教えてください

 

札幌の情熱から生まれた日本初の玉ねぎ栽培

日本中、どこのスーパーへ行っても手に入るであろう玉ねぎは、野菜の代表格の地位を築いている。独特の辛み、甘みを活用する料理は数知れない。あって当たり前、無くてはならないと思われる食材の一つだ。

 

江戸時代に南蛮船により初めて長崎に持ち込まれた時には、あくまでも観賞用であった玉ねぎの存在を、親しみ深い食材にまで進化させてくれたのが、まぎれもなくこの札幌の地であった。札幌村の土地は肥沃しており、乾燥させる強い風にも恵まれていた。しかし、何よりも玉ねぎ栽培を成功に導いたのは、人間の持つ情熱ではなかったか。

 

明治4年(1870年)、札幌農学校で教鞭をとっていたブルックス博士がアメリカマサチューセッツ州から「イエローグローブダンハンス」という品種を持ち込み、自ら農学校周辺の農家に栽培指導を行い、およそ10年もの歳月を得て、明治13年(1880年)に札幌村(現在の東区)の農家・中村磯吉により、一町歩(およそ1ha)の畑で種まき栽培に成功した。苦労に苦労を重ねて品種改良して誕生した札幌黄と呼ばれる品種が、現在の北見黄等の親となったものである。誕生当初は、玉ねぎは未知の食材であったことから販売にもことごとく失敗したが、同じ東区の農家であった武井惣藏の手腕により、商人に販売を委託したことで札幌黄は、第二次世界大戦前には、ロシアやフィリピンへ輸出するほどの生産量を誇って行く。しかし、昭和50年頃から病気に強く品質の安定性の高い交配種(F1)へと栽培移行する動きが増して、現在では札幌市の玉ねぎ全体の約3%の収穫量となっている。

 

幻を超える時

病気にかかりやすくややデリケートな札幌黄ではあるが、その肉厚と軟らかさ、りんごと同じ糖度(13度)によるファンも多く、現在では、行政とJA、事業者、消費者など街が一丸となって結成された「札幌黄ブランド化推進協議会」による「札幌黄オーナー制度」を始めとする働き掛けが注目されてもいる。

 

時代を経ても、人の情熱によって生まれた物は、人の情熱によって生かされる。札幌黄、幻の玉ねぎと呼ばれなくなる日が近いかもしれない。

※情報は、札幌市東区民ホームページより頂いております。

(2017/9/30 環)