田辺祭(たなべまつり)を知っていますか?

田辺祭は450年余りの歴史をもち、地元では知らない人はいないとても有名な例祭です。

田辺祭の基本情報

日:毎年7月24日(前祭)25日(本祭)

場所:闘鶏神社(とうけいじんじゃ)

闘鶏神社の周りには毎年多くの出店が立ち並びます。

闘鶏神社とは

国の有形指定文化財に指定されている歴史ある神社です。

~名前の由来~

源平合戦のとき、湛増という人が社寺の鶏を紅白2色に分けて闘わせ、紅の鶏が勝てば源氏の味方に、白の鶏が勝てば平氏の味方になると言ったことに由来する。

田辺祭の魅力

田辺祭の本来の魅力は「笠鉾」 とよばれるものです。

~笠鉾(かさほこ)とは~

1672年頃からある山車の一種であり、毎年7月24・25日の2日間にわたって田辺の町を練り歩きます。

笠鉾にはそれぞれの町の守り神が乗っています。