白浜水族館

和歌山近海について詳しく知るために訪問した、「白浜水族館」。

白浜水族館は「京都大学フィールド科学教育センター瀬戸臨海実験」の付属施設です。

主に無脊椎動物を展示していて、約500種の生き物が暮らしています。

ここでは、その中から3種を抜粋して紹介します。

1つ目は、飼育員の方のオススメ「イスズミ」!

 この魚は正面から見ると、顔が犬に似ているとか似ていないとか‥‥

 美味しさを星5つで表すと‥星1つ! 冬の方が臭みが減り、食べやすいです。(個人的な意見です。)

2つ目は、「ヒブダイ」です!

 海水魚で、体長約80cmです。

 色は毒々しいですが、とてもおいしいです。(個人的な意見です。)

3つ目は、白浜名物の「クエ」!

 海水魚で体長約130cm。大きいですね~!(^^)!

 言わずと知れた高級魚で、専門店があるほど好まれています。

 美味しさは、星5つでは表せないほどです。(個人的な意見です。)

これら以外にも、様々な生物が白浜水族館には住んでいます。

ぜひ1度足を運んでみて下さい!!!