麒麟麦酒開源記念碑

安政五年徳川幕府が獨断専行して國を開くや歐米人續々として横濱に来りしが彼等は居留地と稱せらるゝ一區域の中に居住す天沼は此居留地に属し嫩草斜に連 り喬木短樹其間を點綴し清泉滾々として崖下に湧き氣清く風軟かに一幅春園の畫の如し明治五年米人ダブリウ・コープランド此に工場を建設しスプリング・ヴァ レー・ブリュワリーと稱して麦酒を醸造す是れ日本に於ける麦酒醸造の開源にして今日の麒麟麦酒株式會社の前身なりとす明治十八年後藤象次郎伯、岩崎弥之助 男、増島六一郎博士、渋澤榮一子、益田孝男、カークウッド、グラバ、ベルツ、カールローデの諸君唱首となって同志を糾合しジャパン・ブリュワリー・コンパ ニーと稱する合資會社を起してスプリング・ヴァレー・ブリュワリーの事業を継承し始めて其醸造する麦酒に麒麟麦酒と命名す明治二十九年更に之を株式會社に 改めゼ・ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッドと命名し前年香港政廰に登録したる事業を日本政府に登録す明治四十年豊川良平、近藤廣平男、米井 源治郎、瓜生震、田中常徳、高木豊三、高田正久、草郷清四郎、今村繁三、磯野長蔵等の 諸君主唱して麒麟麦酒株式會社を起しゼ・ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテツドの事業を継承して以来資本を増加して事業を擴大し天沼工場のみにても地域七千五百九十八坪に達せしが大正十二年の震災に遭ふて工場を鶴見に新築し之より更に事業を伸張し満州朝鮮にまで分工場を増設す其初居留外國人の需 要に應ずるがために醸造せられたる麒鱗麦酒は其風味と香有により國民的飲料となりて全國に弥漫し外國品の輸入を防遏するのみならず却って外國に輸出せら るゝに至る始めて日本の土を踏む外國人等甕中の玉液を汲み盞内の金波を傾け圖らざりき日本またミュンヘンビールありガムブリナスの神は扶桑の地をも祝福す るかと嘆賞するに至る麒麟麦酒の發達の跡を見るに一粒の種子が生長繁茂して亭ゝたる参天の大樹となり朝暉を受けては立を掩ひタ陽を負ふては紅海を翳ふに至 るが如し今麒麟麦酒株式會社が其發祥の地たる天沼に記念碑を建つるに曾ひ文を撰して其事を誌るす之を讀む者必らず麒麟麦酒株式會社發達の歴史は日本國勢開 展の歴史と其軌を一にするを感ぜん

昭和十二年一月

竹越與三郎撰 野本白雲書