大阪府豊能郡豊能町 の LocalWiki へようこそ!

このサイトは 大阪府豊能郡豊能町 の情報が書かれています。編集はだれでも可能です。

についてのページをつくりたい

新しいLocalWiki の 大阪府豊能郡豊能町 地域へようこそ!

先頭の探索する をクリックして現在ここにある内容をご覧ください。

編集 ボタンをクリックすると、どのページでも編集できます。

ヘルプが必要ですか? LocalWiki ガイドにあるヘルプページ を参照してください!

 

豊能町は阪急大阪梅田駅から50分電車に乗ると到着します。

大阪というイメージとはかけ離れ、自然が豊かで棚田にかこまれたベッドタウンです。

すぐに山や川があり夏になるとホタル観賞や川遊びが楽しめます。野生動物と共存しているため日常生活で、鹿やイノシシ、アライグマなどと遭遇することは多々あります。最近はクマの目撃情報が相次いでいるため、町が注意喚起を促しています。

冬になると、雪が積もり銀世界になります。標高が高いことや、ほかの季節も比較的涼しいことから「大阪のシベリア」、「大阪の軽井沢」と称されています。

 

★豊能町の偉人

戦国大名 高山右近

高山右近は豊能町出身の戦国大名でありキリシタン大名として有名である。室町時代から江戸時代初期まで生き抜いた人で、お城づくりの名人でもあります。

また茶人としても知られており千利休の弟子のひとりといわれています。

そして2016年1月22日高山右近はバチカンにおいて「福者」として正式にローマ法王の承認を受けました。

「福者」とは徳ある行為あるいは殉教によりその生涯が聖性に特徴づけられたものであったことを証してつけられるカトリック教会における「聖人」に次ぐ称号であります。

豊能町はそのような偉人の生まれ故郷であることに誇りを抱いています。