ここでは、楠葉地区 について紹介します。

 ※ 配置図からの検索

京街道筋

1.京街道(楠葉台場跡周辺):古代からの交通の要所、寺院・関所・砲台跡地。

2.京街道(町楠葉)    :京街道筋の紀州公小休本陣跡を中心に発達した古民家群で、戊辰戦争でその殆どを焼失し、明治に入って再建された町なみ。

3.京街道(樟葉駅周辺)   :楠葉ローズタウン計画で昭和46年(1971)に現在地に移転。周辺は全く新たに開発された街区。

4.京街道(船橋川沿い) :二宮神社と環濠集落。

楠葉丘陵地帯

11.北楠葉地区       :交野神社と楠葉の関と八幡市の足立寺を結ぶ谷合。ローズタウン計画で住宅地として開発。

12.交野天神社周辺    :.継体天皇即位伝説の樟葉宮と桓武天皇縁の交野天神社

13.安養寺周辺      :藤原継縄縁の地で天平時代(8世紀)行基の開山した安養寺を中心とした集落。

14.樟葉南小学校以南   :東船橋から招堤田辺地区の船橋川北側で国道1号線西エリア。招堤田辺地区は企業団地を形成。