小諸市動物園

小諸城址懐古園内にある小諸市動物園は、大正15年4月20日に開園された県下最古の動物園です。
数匹の日本ザルの保護施設から始まった動物園は多くの動物が飼育され、小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、非常に親しみの深い動物園となっています。

園内の動物たちを紹介している小諸市動物園のfacebookpageも好評です。

「暮らしの手帖」2009年春号では東京大学教授の木下直之先生の「小諸なる古城のほとり、の動物園」という随筆が掲載されています。

2009年には広報こもろで6回にわたって「こもろ動物園物語」の記事が連載されました。

 

 2014年2月23日には、成城大学法学部打越綾子研究室主催でシンポジウム「小諸市動物園を考える」が開催された。(報告書「動物園の社会的役割の再構築に向けて―シンポジウム「小諸市動物園を考える」報告―」打越綾子 としてまとめられています)

2016年8月17日のYahoo!Japanの「「動物園」は何のためにあるのか 苦境で問われる存在意義」で取り上げられました。

2016年12月の広報こもろでは開園90年ということで、動物園が特集されています。

小諸市動物園(ウィキペディア)

 

Front Pageに戻る