札幌老舗の青いタイル。その名の通り豊かな公園にたたづむ

札幌パークホテルは、1964年(昭和39年)ホテル三愛として中島公園の一角にスタート。

  • 「三愛」の意味をご存知の方はご記入お願いします。

中島公園菖蒲池のボートは撮影時10月初旬まで

札幌オリンピックを控えた札幌で、国際的な観光の拠点やコンペンシションの拠点して、活躍。青いタイルがトレードマークになっている。有森裕子(ランナーでスペシャルオリンピックス日本の理事長)は、両足の手術のあと、復活を果たしたのは札幌マラソンで、その当時のゴールが中島公園だったため、このホテルへの思いやりが深いと発言している。平成の陛下ご夫妻が複数回宿泊されるなど、札幌宿泊する要人はこのホテルを使うことが多い。

また、中島公園の南側にある札幌コンサートホールKitaraにあるガーデン・テラス・レストランはパークホテルが運営している。

最寄り駅は札幌市営地下鉄「中島公園」駅。ガーデン・テラス・レストランには、市電「中島公園通」電停。

都心から中島公園目指すとき、地下鉄、徒歩の他に、市電という選択があります




札幌パークホテル についてご存知のことをぜひ教えてください

10月後半、11月に向けて銀杏が色づきます。黄色と青タイルのコントラストも愛されています。