相浦川
有田川
楠木原川
松浦鉄道
一般に醤油の素材にも小麦が使われているそうですね さざソースは醤油など、材料の全てがグルテンフリーです。小麦アレルギーの方が、みんなが食べている旨いレモンステーキの味や照り、とろみをそのまま食べられるように仕上げました。 私達が伝統的に食べてきた国産の材料で作られているので、現在アレルギーのない方も、将来の発生を抑えられる可能性が高くなります。 レモンステーキ以外にもいろんな使い方をされる方がいらっしゃるそうですね 焼肉やハンバーグなど、お肉の味付け、とんかつなどの揚げ物にも応用ください。 レモンステーキは地元でよく食べられていますね レモンステーキは佐世保発祥の食文化です。ステーキに馴染みのなかったころの日本人のために考え出されました。すき焼きの感覚で食べやすく、牛肉の美味しさを引き出した調理法です。ご飯に合う甘みとレモンの爽やかさが地元で愛されています。 鉄板でジュウジュウいうのがさらに旨そうですね 鉄のフライパンを使うと、育ち盛りの子のための鉄分補給になります。また、さざソースは鉄のフライパンで調理すると一層お肉の旨さを引き立てます。 佐世保にはレモンステーキ専門店まである。その中でも隣町の北松浦郡佐々町の役場近くの味がよかった。ところが旨いだけじゃなくて、小麦アレルギーに対応した造りで、家庭でも楽しめるようにと、瓶詰めされていた。店主の中川さんにお話を伺ってまとめた。
さざソースでレモンステーキ
佐々で暮らす 佐々は佐々川の賜物。佐々川河口に開けた街。旧平戸藩、松浦(まつら)文化を支えた松浦域内最大の佐々川が作った南端の平野に位置します。佐々川の上流には世知原、吉井地区、佐々川対岸の小佐々、鹿、江迎地区という旧六ヶ町村の文化的なつながりが、今の日常生活の中にあります。「買い物は佐々」「歳をとったら佐々に行け」「飲み食いするなら佐々」と六ヶ町村の都の機能を持ちました。「小さな頃はお街と言ってたし、いい服着て来たよ」という集散の中核を担っています。佐々の中心部には、図書館、体育館、文化センター、包括ケアセンター、小中学校、役場、病院、商店、毎日食べて飽きない旨い飯屋、佐々駅などが並ぶ暮らしやすいエリアがあり、そのすぐそばに何種類もの絶滅危惧種の観察をできる生き物の宝庫があります。佐々川と古川岳、鎮守の神様と鎮守の杜、元禄時代に干拓された水田が目の前にあります。ここで学びながら、地元の役立ちながら、健康に関するケアを受けながら、歩きながら、暮らすこと、育てること、歳をとることを楽しむためのページです。 佐々川フォーラム 佐々で学んで実践する佐々町には、学ぶ活動、学んだことを活かす活動がたくさんあります。そして、学びながら、佐々の街の主体者になってください。あたかも大学に入り直したようなレベルの学びと実践、地元のつながりを楽しむ「キャンパスライフ」があります。南隣の相浦には長崎県立大学があり、気さくな先生たちが佐々の学びの活動を応援してくださっています。 佐々の人々 佐々で生きて来た人の体験談 佐々に行く、佐々から旅をする 佐々で泊まる、文化、歴史、自然を楽しみ佐々で暮らすように旅をする 佐々で食べる 13,000人の街とは思えない、毎日食べて飽きない店があります 佐々で働く 佐々とその周辺の就職情報、企業誘致、起業支援など 今まで佐々にないものを作る 佐々町にはまだまだ作りたいものがたくさんあります。美味しい中華料理店、ホテル、佐々川研究所、新たなコンセプトの住宅、大学など、佐々においでになってお作りになってください お問い合わせ
佐々で暮らす
佐々から福岡へ向かう について知っていることをぜひ教えてください 九州、特に九州北部は福岡市を中心に交通網が形成されています。これは佐々町に関しても例外ではありません。 佐世保はともかく、長崎に向かうよりも福岡に向かったほうが買い物やレジャーには便利だったりして? 手段1:電車を使う 博多駅から佐世保駅まで特急みどりで約二時間、そこから佐々駅まで約45分。佐世保駅からはバスを使う方法もあります。 料金は2130円+550円=2680円。指定席を取ると+1530円とお高めですが、ネット限定切符を使うとトータルで指定席込み2440円まで下がります。 手段2:高速バスに乗る 九州北部といえば西鉄バス。当然佐々町へも便があります。乗り換えが面倒くさい&JRは時間がかかりすぎると思うのならばオススメ。 問題点としては、佐々駅発の便は早朝便に偏っており、全体でも本数が八本しかないのにもかかわらず、14:25分が終バスとなってしまうというところでしょうか(佐世保駅から乗り換えれば21:30まであります)。 手段3:自家用車で向かう 速さと気軽さを求めるのならば実は一番良いかもしれません。一番早い鳥栖経由ルートの場合、道路事情にもよりますが所要時間は2時間をおおむね切ります。 問題は料金。高速代だけで3580円かかりますし、ガス代も含めると駐車料金を考慮しなくても片道5000円弱は必至。長距離ドライブも含め、一人で行くのは余りおすすめできません。二人以上ならば荷物がたくさん詰めることを考えると、一番良い選択肢かも。
佐々から福岡へ向かう