勝福寺(飯泉観音)本堂飯泉観音(いいずみかんのん)、飯泉山勝福寺は、飯泉にある真言宗東寺派の寺院。本尊は十一面観音坂東33観音の第5番札所。江戸時代には、国府津宝金剛寺や小田原の蓮上院からも供僧があった。(1)

毎年12月17・18日に境内でだるま市が開かれている。

沿革

創建、千代からの移転

 『坂東三十三所観音霊場記』によると、本尊の十一面観音は、三国伝来の(インドから中国を経由して日本に伝わった)仏像で、天平勝宝3年(751)に唐の楊州(揚州)大明寺の僧・鑑和将(鑑真和尚)が日本に来て孝謙天皇に献上し、天皇が弓削道鏡(宝亀3年・772没)に下賜したもの。宝亀元年(770)に道鏡が流罪となって下野国へ向かう途中、千代を通りがかったときに、縁起のいい土地だとしてここに堂宇を立てて安置した。その後、天長7年(830)に飯泉に移した。(1)(4)

千代にあった頃は、「補陀落山」と号していたという(1)

『風土記稿』によると、千代の大乗院の隣地に飯泉観音の堂蹟があって、周辺の字名に痕跡が残っていた(2)。また走湯山文書に「暦応四年(1341)十二月、走湯山領千葉郷内観音免」とみえ、千葉郷は千代にあたることから、天長に移転したとの寺伝は疑わしく、この頃までは千代にあったと推測されている(1)

坂東札所

永延2年(988)に坂東札所に定められたという(1)坂東33観音公式サイトには坂東33観音は「鎌倉時代初期に開設された」とある。

『東鑑』には「弓削寺」として、『和漢三才図会』には「飯泉寺」としてみえる(8)。詠歌に、

かなはねば 助け給へと 祈る身に 船に宝を つむは飯泉

とある(8)

戦国時代

永禄5年(1562)12月に、後北条氏が山中の法度書を出している(1)

法度、飯泉山諸役免許事、押買狼藉事、喧嘩口論事、以上、右三箇条、堅令停止候、於違犯輩者、速可被処罪科者也、仍如件、壬戌(永禄5・1562)十二月十日、町奉行小笠原殿代北条氏虎朱印

また天正17年(1589)正月に神馬銭の事について指示を受けている(1)

丑正月御神馬銭九貫文、秩父勝菊代前より請取之、飯泉之供僧別当に可相渡者也、仍如件、己丑(1589)正月廿五日、北条氏虎朱印、

江戸時代

慶長4年(1599)5月に大久保相模守忠隣により、山中の掟が発せられている(1)

飯泉山如前々諸役免許之事、諸事共如前師之可為仕置事、坊中屋敷六供、并別当陰居定夫屋敷共、但右之内大徳坊屋敷如前別当之、観音仏供領之内に寄附被成申者也、仍如件、亥(慶長4・1599)五月廿三日、聖知院、白幡与四右衛門、花押、

什宝

本尊

本尊の木造十一面観音立像は、高さ2尺8寸(約85cm)。毘首羯摩が赤栴檀の御衣木(みそぎ)で作ったといい、33年ごとに御開帳をしていた。(1)

前立

前立に慈覚大師作の十一面観音が安置されていた。木造の立像で、高さ5尺8寸(約176cm)。(1)

扁額

7間(約12.7m)四方の御堂に月舟筆の「普門閣」の三字が扁されていた。(1)

その他

『全国寺院名鑑』に記載のあるもの(7)

  • 天平期の花瓦屋根瓦
  • 北条氏康ほかの古文書(上述)
  • 豊臣秀吉の制札
  • 徳川家康の書翰(後述)
  • 大久保忠増の印書
  • 天保10年(1839)の大相撲番付

境内

1970年当時の境内は3,573坪(約109m四方)(7)

仁王門

宝暦8年(1711)建立(7)

四脚門(7)

位牌堂(7)

本堂

2016年現在の本堂は、棟札から宝永3年(1706)に再建されたものとみられている(3)。老朽化に伴い、1969年(昭和44)に改修が行われた(3)

金堂

81坪(約16m四方)(7)。宝永2年(1705)の建立、県の文化財(7)

庫裡

40坪(約11.5m四方)(7)

鐘楼

鐘楼の鐘は寛永6年(1629)の鋳造(1)

水屋

水屋の龍頭舟型青銅(水鉢)は市の文化財(7)

札堂

札堂には、十一面観音が安置されていた(1)

大日堂

大日堂には、馬頭観音が祀られている(1)

入定塚

由来不詳の、塚の上に五輪塔の損壊したものがあった(1)

大イチョウ

境内にある大イチョウ市の天然記念物に指定されている(7)

供僧

飯泉観音には供僧およそ6院があり、千代にあった頃は弥勒院が別当をしていたが、飯泉に移った後は勝地院が別当を務め、『風土記稿』の頃(19世紀前半)には6院が月ごとに交替で別当を務めていた(1)以下、供僧の寺院はいずれも真言宗東寺派。

勝地院

国府津宝金剛寺の末寺だった。弓削道鏡の開山といい、中興は頼秀(正応2年・1289没)。本尊は不動明王。文書5通を所蔵していた。(1)

  1. 天文15年(1546)2月、小笠原某が供僧らの領地を旧例のとおり寄附した書状
    • 観音供僧分廿一貫文、如前々之寄附申者也、仍如件、天文十五丙午年(1546)二月十八日、飯泉山別当坊、小笠原花押、『風土記稿』は、「小笠原」は永禄の頃の地頭・小笠原六郎と推測している。
  2. 永禄5年(1562)12月に北条氏が発出した法度書(前出)
  3. 天正17年(1589)正月、神馬銭の令書(前出)
  • 徳川家康が勝地院に送った書翰

    芳札令披見候、仍被任嘉例祈祷之札、并杉原十帖五明到来、珍重候、猶阿部伊予守可申候、恐々謹言、九月六日、勝地院、家康花押、

  • 慶長4年(1599)5月に大久保相模守の家人・白幡与四右衛門が与えた山中の掟書(前出)

弥勒院

国府津・宝金剛寺の末寺だった。中興は僧・慶博(正応5年・1292没)。本尊は弥勒菩薩立像高さ1尺9寸(約58cm)。行基の作。応永32年(1425)12月26日に鎌倉管領・足利持氏が与えた当山別当職の補任状を所蔵していたが、中古に失った。地蔵堂があった地蔵菩薩は立像で高さ3尺1寸(約94cm)。恵心の作(1)

宝寿院

国府津・宝金剛寺の末寺だった。中興は慶海(永仁元年・1293没)。本尊は不動明王。『風土記稿』のときには無住となっており、弥勒寺が兼任していた。(1)

常福院

小田原・蓮上院の末寺だった。弓削道鏡の開基とされ、寛永年中(1624-1644)に僧・聖仁が中興した。本尊は薬師如来。大師堂があった。(1)

広福院

小田原・蓮上院の末寺だった。中興開山は周海(享保13年・1728没)。本尊は阿弥陀如来。『風土記稿』のときには無住となっており、常福院が兼任していた。(1)

大徳坊

国府津・宝金剛寺の末寺だった。永仁元年(1293)に恵任が中興した。本尊は不動明王。『風土記稿』のときには無住となっており、勝地院が兼任していた。(1)

承仕

承仕は、供僧の管理下で、寺に仕え、雑役などを担っていた(1)

道久坊

本尊は薬師如来。供僧6院と同じように、除地を割当てられていた(1)

寺紋

本堂屋根の寺紋寺紋は七曜(写真参照)。山門に菊花五七桐(2019年調査)

年中行事

『風土記稿』には、毎年正月・6月・12月の18日に境内で市が立ち、日用品が取引されている旨がみえる(1)

初観音

1月18日(7)

四万八千日

8月10日(7)

大としの市(だるま市)

例年12月17・18日に境内で大としの市(だるま市)が開催されている。

  • 1970年の『全国寺院名鑑』には「大としの市」としてみえる(7)
  • 2017年 - 2021年にもだるま市が開催されている(5)(6)

リンク

参考資料

  1. 『風土記稿』
  2. 『風土記稿』 千代村 飯泉観音堂蹟
  3. 小田原市文化部文化財課「飯泉山勝福寺(飯泉観音)」小田原市公式サイト、2016年4月28日
  4. 亮盛『坂東三十三所観音霊場記』巻2 コマ12-17、明和8年(1771)刊、国立公文書館 内閣文庫蔵本
  5. 関東一早い飯泉観音「だるま市」ほか小田原市内4寺院で年末の風物詩レアリア、2017年12月20日
  6. ありがとう連絡会
    1. 今年の締めくくりと新年の祈願に「だるま市」に出かけませんか? 2018年12月12日
    2. 小田原・足柄地域の「だるま市」に出かけよう! 2019年12月9日
    3. 小田原・足柄地域 2020年の「だるま市」は? 2020年12月10日
    4. いよいよ年末!小田原・あしがらエリアの「だるま市」 2021年12月6日
  7. 全日本仏教会寺院名鑑刊行会『〈改定版〉全国寺院名鑑 北海道/東北・関東編』同左、1970年3月(初版1969年3月)、p.418
  8. 寺院総覧編纂局『大日本寺院総覧』明治出版社、1916・大正5、p.555

Pages tagged “飯泉観音”

Add new "飯泉観音"